トピックス
2021.08.20 【教育旅行(学生)向け】真庭SDGsツアー・バイオマス学習コース ご案内

小学校・中学校・高校の教育旅行ご担当者様/旅行会社様

 

真庭市は、2018年「SDGs未来都市」に選定されました。
真庭市SDGs未来都市 詳細ページ

現在、SDGsプログラムの学習を取り入れる教育現場が増えています。校外学習や修学旅行など教育旅行に、真庭市のSDGsの取り組み事例の見学・体験の問い合わせが急増しています。

以上の事を受け・・・・・

 

2020年秋より、バイオマスツアーの通常コースに、

教育旅行向け「基本コース 4コース」を商品化いたしました。


■教育旅行に向けた補助金のご案内
真庭観光局では、バス代や宿泊費の補助制度がございます。(対象:市内宿泊施設へ宿泊する団体・学校)
コンベンション等開催補助金 詳細ページ

 

■SDGsとは?

 そもそもSDGsとは、「Sustainable Development Goals」の略で、持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットから構成された行動計画です。(2015年国連加盟国・全会一致で採択)地球上の誰一人として取り残さないことを誓い、加盟国が一丸となって2030年までにSDGsの目標の達成を目指しています。日本では、「持続可能な開発のための教育(ESD=Education for Sustainable Development)」の学校現場への浸透が必要とされています。是非、持続可能な循環型社会の真庭市の取り組み現場を、見学・体験ください。

*雑誌ソトコト(「社会や環境がよくなって、そしておもしろい」をテーマとした未来をつくるSDGsマガジン。)にも紹介されました。
https://sotokoto-online.jp/1352


\真庭SDGs・バイオマス学習プログラム 4コース紹介/

【木から電気をつくる 木質バイオマス発電コース
(所要時間:約2時間)

真庭地域資源の「木」を燃料とした、バイオマス発電所の見学をメインに、地産エネルギー循環の仕組みをご覧いただけます。

 

 

 

 

 

 

 

地産エネルギー活用コース
(所要時間:約2時間)

中山間地域の住民の力による薪収集の仕組み、集落結束による里山の暮らしや、蒜山高原の「珪藻土」工場の取組みなどをご覧いただけます。

 

バイオ液肥を作る生ごみ資源化コース
(所要時間:約2時間)

家庭から出る生ごみを発酵させて農業用肥料を製造。その再生肥料を実際に使っている野菜農家・米農家を見学、収穫体験も可能。農産物直売所では収穫されたエコ農作物の買い物も人気。

 

 

 

 

 

 

 

誇れる企業の新技術コース
(所要時間:約2時間)

集成材メーカーの銘建工業による、木造建築の新技術CLT(Cross Laminated Timber・直交集成板)。
国内初のCLT製造工場やCLT建築物の見学ができます。
また、コンクリート二次製品製造会社のランデスでは、河川や側溝に使用する自然環境の多様性を考えたユニークな環境保全製品を見学

 

 

 

 

 

 

2021.秋には、蒜山高原にCLT建築等の革新的技術を魅せるGREENable 蒜山(隈研吾さんデザイン)のオープンも予定しています。

▲イメージ(東京・晴海)
参加料金等も含め、お気軽にお問い合わせください。

 

■真庭SDGs・バイオマス学習コース 詳細ダウンロードはこちら
真庭SDGs・バイオマス学習コース_2021年度修正版

■ご予約申し込み方法
下記、団体・学校用の申込書をダウンロードの上、メールまたはFAXでお送りください。
教育旅行バイオマスツアー申込書