トピックス
2017.08.29 [ツアーの様子紹介]8月24日(木)電気のしくみを知ろう!真庭の自然エネルギーツアー

木を燃料としたバイオマス発電、湯原温泉「湯原ダム」の水力発電!
木や水を使って電気が出来る自然エネルギーのしくみを知ってもらう体験ツアーを真庭観光連盟で開催致しました。
★ツアー詳細チラシはこちら → 真庭のエネルギーを知ろう!_チラシ.pdf

【当日の様子】
8月24日(木)今年一番の暑さとなったツアー当日。
子どもの夏休み特別企画として募集をしたところ、意外にも大人の参加が多く、大人8名、子供3名の計11名の方に参加いただきました。

10:00スタート
そもそも電気はどのように作られるのか、中国電力の方にお越しいただきお話をしていただきました。
DSC_5008.JPG DSC_5066.jpg
▲手に持っているのは振って電気が点く装置      ▲中電さんの資料

中電さんの資料がとってもわかりやすくて貴重な資料でした!
特に真ん中の「エネルギー学習帳」が可愛い。中電さんには大変お世話になりました!

●10:50~ 自然再生エネルギー その1
【木質バイオマス発電所 見学】
ボイラーの中では木が燃えているところが見え、電光板で発電している様子を見る事が出来ます。
この大きさと存在感がいつ来ても凄いです。
DSC_5019.JPG DSC_5021.JPG
▲バイオマス発電所。 思わず写真を撮りたくなるボイラーの中では木が踊ってます
DSC_5030.JPG
▲10,000kw発電中!

●11:50~
【真庭市役所本庁舎 見学】
木は発電だけでなく、市役所の冷暖房の燃料としても使われています。
しかも、バイオマス発電所で作られた電気の一部も使用している100%自然エネルギーで動く庁舎を見学
IMG_4515.jpg IMG_4529.jpg
▲真庭産ヒノキ材を使用した真庭市役所        ▲冷暖房の燃料となるペレットとチップのサイロ見学

●12:30~ 昼食(オプション)
お弁当は久世の嘉祥(かしょう)さん。美味しかったと好評!
IMG_4539.jpg

[勝山町並み保存地区 自由散策]
「のれんの町」としてテレビでも取り上げられている勝山町並み保存地区を自由散策
暑い中でしたが、約1kmの通りを歩いて町並みを見ていただきました。

●14:15~ 自然エネルギー その2
[水力発電 湯原ダム]
こちらも圧倒的なスケールと存在感の湯原ダム!
ダム管理の美作県民局の方に水力発電についてお話を伺いました。
DSC_5034.JPG DSC_5036.JPG
▲ダムの役割や、発電について説明を聞く       ▲近づけば近づくほど・・・デカい

そして、普段入る事が出来ないダムの中に入って、上まで上がりました!
DSC_5042.JPG DSC_5053.JPG
▲この斜面!274段の階段をひたすら登りました。    ▲ダムの中は年中14度!寒いくらい   
DSC_5049.JPG 
▲子供たちは元気!怖がるかと一番心配していましたが、全く問題なかったです。

●15:10~
【下湯原温泉ひまわり館 お買い物】
旅の思い出にお土産をご購入いただき、ツアーは無事終了。

●16:00終了
今年はPRの期間も短く、広く発信出来なかった事で参加者も少なかったですが、見学内容やお客様、子供たちの反応を見て、手ごたえを感じました。
来年も同じような企画が出来れば、子供だけでなく、大人の方にも楽しめるツアーとなると思います。
その時は、是非、皆様のご参加をお待ちしております。