トピックス

2013.04.08 二酸化炭素排出量「ゼロ」の取り組み2年目スタート

平成25年3月18日に真庭市本庁舎の木質バイオマスボイラーによるCO2排出削減分が、国内クレジット認証委員会にて認証されたことを受け(詳細)、真庭観光連盟ではこのクレジットを購入し、カーボンオフセット事業を「地域内への浸透」「地域外への発信」の事業拡大を目指し2年目をスタートいたします。

◆真庭市二酸化炭素排出削減量 : 325t-CO2

【クレジット購入先】

◇㈱トンボ:305t-CO2  

CO2「ゼロ」体操服販売2年目スタート

 

◇真庭観光連盟:20t-CO2   

ツアーバス運行CO2排出ゼロや地域内団体との連携による環境貢献活動など事業拡大スタート

 

【真庭観光連盟カーボンオフセットマーク】

maniwalogo3.png

concept:バイオマスタウン真庭によってもたらされるクリーンな環境を透明感のあるブルーを基調に表現。オレンジの矢印は、循環型社会の構築に携わる人々が叡智、努力、情熱を持ってCO2削減活動に取り組む様子を表したもの