国指定重要文化財の木造建築

見学先概要
木材のまちを象徴する明治40年建築の木造校舎は、完全なシンメトリー(左右対称)のデザイン。檜材を使い、二重折り上げで仕上げた洋風の格(ごう)天井、幅広の回遊式階段、大きなマンサード屋根(二重勾配)など細部にわたって工夫が施されています。そんなモダンな佇まいは、映画やテレビのロケ地としても多数活用され、これまでも「ALWAYS 三丁目の夕日」、「火垂るの墓」、「大病人」などの名シーンが撮影されてきました。小学校としての役目を終えた平成2年に旧久世町指定文化財に、また平成11年3月校舎全体が国の重要文化財に指定されています。また、今は地元の方により昔の学校給食が再現され、観光客を楽しませています。こちらは専門のガイドがご案内致します。
施設情報
旧遷喬尋常小学校、真庭市久世鍋屋17-1

関連リンク
体験=木造建築古民家見学