キノコ生産のバイオマス利用

見学先概要
高原野菜の栽培がさかんな蒜山では、秋から冬にかけては、きのこが重要な産物です。栽培用ポットは地域内のおが屑を寝かせてつくられます。きのこは農閑期の重要な産物として雇用の確保にも一役かっており、林業と酪農、農業の地域内協働のひとつです。
施設情報
真庭農協 蒜山営農経済センター 種苗センター 真庭市蒜山上長田4-14、土日祝不可

関連リンク
活用=おが屑と牛糞で作る堆肥