おが屑と牛糞で作る堆肥

見学先概要
真庭市の蒜山地域は酪農地帯です。ジャージー牛の日本有数の飼育地としても知られ、質の高い乳製品を全国に出荷しています。真庭市北部のバイオマス事業は、牛の糞尿の堆肥化に取り組んでいます。農業分野の課題である「環境」と「土作り」をキーワードに、牛の糞尿をこの堆肥センターに集め、製材木材業副産物のおが屑と合わせて効果的に堆肥を製品化し、放牧地・農地の土作りをサポートしています。堆肥を高原野菜栽培の農地に散布するサービスも行っています。この堆肥は、質の高い新鮮な高原野菜の美味しさの源となっています。
施設情報
蒜山堆肥センター、真庭市蒜山西茅部1154-51、冬期見学不可、土日祝不可

関連リンク
活用=地域循環土壌の野菜畑