森林育成の現場

見学先概要
古代から森に恵まれ森に活かされ生活してきた真庭は、林業の町として発展してきました。近年コスト高から全国的に森林の保全と育成は難しくなっています。真庭ではバイオマス事業の推進により地域経済、地場産業が活性化され、木質バイオマス資源の源である森林の育成に還元されていくことを最も重要と考えています。この森は上木の間伐を繰り返し、120年生のヒノキの下には、この辺りの原生林と同じ常緑広葉樹が広がっています。実際に森に入って、木に触れ、木の良さを再確認していただければと思います。
施設情報
真庭市富原

関連リンク
活用=真庭の木材業の生産流通システム