のれんの町 城下町勝山の町並み散策と昼食

見学先概要
勝山は古くは出雲街道の要衝として、江戸時代には三浦藩の城下町として、また日本海と瀬戸内海を結ぶ物流の中心を担った高瀬舟の発着場としても栄えました。その時代の風情と木材の町を象徴する町並みを保存し現代に生かす取り組みはバイオマス事業とともに地域づくりの柱となっています。近年では、のれんの町としても有名で、店舗だけでなく民家にも地元の作家による草木染めの暖簾がかかり、古の雰囲気を楽しみながら散策ができます。 この町並みの飲食店で、昼食をご用意しております。

施設情報
提携昼食会場:宮文、レストラン西蔵、郷宿、田吾作、割烹中山
平成21年度都市景観大賞「美しいまちなみ大賞」受賞
アクセス:JR中国勝山駅すぐ、米子自動車道久世IC、落合IC、湯原ICからいずれも20分

関連リンク

昼食=城下町勝山町並み保存地区での昼食